2012年3月1日木曜日

dd コマンドでファイルを読み書き

ddコマンドはディスクのバックアップやダンプに使われることが多いので、コピー専用のコマンドだと思っていたことがある。

実際はそうではなくて、もっと軽い用途、たとえば標準入力から読み込んだ内容をファイルに書き込んだり、ファイルを読み込んで標準出力に出力したりすることもできる。


入力した内容をファイルに出力
'of'オプションで出力先を指定しつつ ddを実行すると入力待ちになる。そこで任意の文字とEOF(Ctrl-D)を入力すれば、ファイルができる。
$ dd of=hello.txt
hello, world
0+1 records in
0+1 records out
13 bytes transferred in 2.835518 secs (5 bytes/sec)
$ cat hello.txt
hello, world
$
ファイルの内容を表示
'if'でファイルを指定するだけ。
$ dd if=hello.txt 
hello, world
0+1 records in
0+1 records out
13 bytes transferred in 0.000138 secs (94173 bytes/sec)
$
ディスクなどのブロックデバイスファイルの場合も同様に表示できる。ただしサイズが大きいので 'bs' や 'count' オプションで調節する。
$ sudo dd if=/dev/disk0 bs=5 count=1  # MacOS requires root privilege to read /dev/disk0
?1???1+0 records in
1+0 records out
5 bytes transferred in 0.000334 secs (14969 bytes/sec)
$

0 件のコメント:

コメントを投稿